ターンオーバーが乱れると肌荒れの原因になることを説明しましたが、乱れたターンオーバーを戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単です。

ピーリングを行ってあげることです。

ピーリングには「剥がす」とか、「皮をむく」という意味があり、ここでいうなら、古い角質を剥がしてあげることです。

ターンオーバーが乱れると、古い角質層となり、新陳代謝の邪魔をしてしまいす。

そこで、ピーリングをすることにより、新地代謝の働きを促し、正常なターンオーバーのサイクルに戻してあげることができるのです。

ちなみにエステにいったことがある人ならわかるかもしれませんが、最近ではエステピーリングは通常になってきています。

ピーリングで得られる効果は?

具体的にピーリングを行うとどうなるのか?

古い角質を剥がしてくれるのがピーリングですので、古い角質が残っているとおこる症状を改善してくれます。

顔がふけて見えてしまう、シミ、シワ、くすみが改善してくれます。

これは、古い角質が残っていることも原因としあげられますが、新しい角質になることにより、毛穴の汚れが改善され、化粧品などの美容成分が肌の奥に浸透しやすくなり、保湿効果が充分にえられるということも大きくかかわってきます。

また、ニキビなどで悩んでた人で、ニキビ痕が残ってしまい悩んでいた方もピーリングを行うことにより、古い角質が剥がれて、新しい角質になることにより、だんだんと消えていきます。

ピーリングの種類は2つ

自宅で自分で簡単にできる方法は2つあります。

物理的な方法と化学的な方法です。

ケミカルピーリング
化学的な方法はケーミカルピーリングと言われる方法です。

薬品を皮膚表面に塗布することにより、角質間の結合を緩めて、古くなった角質を剥がし、皮膚のターンオーバーを促進していく方法です。

使うピーリング剤によって、古い角質だけを剥がすものや、剥がすだけでなく、肌のターンオーバーを促進する働きもあります。

ダイヤモンドピーリング
物理的なピリーング方法は、ケミカルピーリングと違い、美顔器を使って角質を物理的に剥がす方法です。
おすすめする方法がダイヤモンドピーリングです。

ダイヤモンドでコーティングされた美顔器で角質をゆっくり剥がしていく方法で、自宅でも安心して手軽にできるのがポイントです。
ダイヤモンドピーリングを手軽に自分でできる美顔器としておすすめなのが、ビオールダイヤモンドです。
詳しくは、自宅でピーリングができるビオールダイヤモンドで紹介しています。