肌のターンオーバーという言葉を聞いたことがありますか?

ターンオーバーは簡単な言葉説明すると、皮膚の細胞が一定のサイクルで新しい細胞に生まれ変わることです。

つまり、肌には、絶えず新陳代謝を繰り返して健康な状態を保とうとする働きがあります。

このサイクルは正常な人であれば、通常28日サイクルで行われています。

もっと簡単に言うと、古い角質が剥がれて当たらし角質がでてくるということです。

この肌の新陳代謝を繰り返すことにより、肌荒れなどから肌をが乱れるのを防いでくれるのです。

ターンオーバーのサイクルが乱れるとどうなるの?

ターンオーバーのサイクルは早すぎても遅すぎてもいけません。

ターンオーバーのサイクルが早すぎると、角質の役割を完全に備えないまま、皮膚の表面に角質としてでてしまい、通常の肌を外の害から守るためのバリア機能や保湿機能が不十分なままになってしまいます。

また、逆にターンオーバーが遅れてしまうと、本来は自然に剥がれるはずの古い角質が残ってしまい、いくら美容成分を外からぬっても、肝心の有効成分が肌の奥に届かず、まったく本来の化粧品としての効果をはっきしません。

また、古い角質が残っていると、毛穴がふさがってしまい、皮脂がつまったり、シミ、シワ、くすみの原因になります。

かなり、ふけた顔にみえてしまいますよね・・・・・・

ターンオーバーが乱れる原因は?

正常なターンオーバーが行われない原因として、日常生活の乱れや、間違った洗顔方法、スキンケアなどがあげられます。

生活習慣の乱れはいうまでもなく、ホルモンバランスを失います。

また、私は洗顔をしっかりしていると思っていても、間違った洗顔方法で洗顔を続けていると、角質に傷が付いたり、皮脂のつまり、皮脂を洗い流しすぎて、皮脂が失われるなどのデメリットもあります。

正常なターンオーバーが行われなくなると、私も経験がありますが、皮膚が厚くなったり、化粧ののりがわるかったり、乾燥肌になったりなどの兆候が現れるのですぐに気づきます。