ニキビは肌荒れの代表的な症状ですが、実は、できる場所によって原因が異なるのをご存知ですか?

さらに付け加えると、肌の状態が悪いだけでなく、身体からでる危険信号でもあるのです。

身体の体調の変化が原因なのに、肌の状態が悪いと判断して、ニキビ専用の薬や化粧水を使っても効果があまりない場合もあります。

つまり、ニキビの原因を考える場合、内面的、外面的、またはストレスなどの原因が考えられます。

ニキビができる場所の原因は?

おでこ
ホルモンバランスの乱れでおきる思春期ニキビや大人ニキビの症状ですが、その他にもシャンプーのすすぎ残し、前髪の汚れが残っている、胃腸になんらかの不調があるなどの原因が挙げられます。
鼻にできるニキビの原因の多くは、手で鼻を触る癖がある人に多くみられます。
つまり、汚れが原因です。
汚れは肌のターンオーバーの乱れを招き、角質が厚くなり、肌荒れの原因になります。
女性で気をつけなければいけないのが、ファンデーションや紫外線による刺激です。
身体からでるサインとして、肝臓、大腸、肺の不調が挙げられます。
男性に多く見られる症状で、男性の場合は、男性ホルモンの乱れが主な原因です。
女性の場合は、糖質と脂質の摂取しすぎであったり、胃腸の不調、便秘や肝機能障害などが考えられます。
口まわり
口まわりにできるニキビは、みなさん良くできませんか?
これは、食べ過ぎによる、胃腸の不調、ビタミンの不足が主な原因です。
あご・首
女性は生理前にできることが多いですよね?
この部位は主に男性ホルモンの影響を受けやすい箇所です。
また、ストレスが多くかかっている場合もできる原因ですし、髪の毛による細菌感染が原因でできる可能性もあります。
背中
背中にできるニキビの原因は、おもに寝汗、カビ、日焼けなどによる乾燥、食生活の乱れ、石鹸、ボディーソープやシャンプーなどの荒い残りなどが考えられます。
背中は皮脂線が多く集まる場所ですので、清潔にしていないとニキビなどの肌荒れなどができやすい場所ですの注意が必要です。
背中ニキビで悩んでいる方は、今日からできる背中ニキビの治し方が参考になるのでチェックしてみてください。

基本的にニキビ対策はまずは、できる場所によって治し方が異なってくることを頭にいれておくことが必要です。