ニキビだからといってケアも何もしないで放置していませんか?

ニキビが悪化するとニキビ跡になってしまうことをご存知ですか?

私もこのニキビ跡に悩まされていました。

ニキビ跡といっても種類はいくつかあります。

赤みのニキビ跡、色素沈着してしまうタイプ、凸凹クレーター状になってしまうニキビ跡の3つにわけることができます。

厳密にいうとそれぞれ、ニキビ跡ができる原因は異なるのですが、共通した原因もあります。

それはニキビを悪化させてしまうことです。

ニキビを悪化させるって?どういうこと?

例えば、ニキビができても気にせず、今までどおりの生活習慣を続けていたり、スキンケアもニキビができる前と同じことをしている場合などです。

ニキビができる原因についてはニキビは実はできる場所によって原因が異なるでも紹介しているので参考にしてください。

ニキビができた場合、悪化してしまう一番の原因は活性酸素です。

この活性酸素が毛穴に負担をかけて、ニキビ跡へ悪化させる原因になってしまうのです。

気をつけるべき点として、生活習慣の改善です。

活性酸素の原因としては、ストレスや偏った食生活などが挙げられます。

また、ニキビになったのにもかかわらず、従来の化粧水を使っているとニキビを刺激し、悪化させる原因になります。

全ての化粧水が合わないというわけではありませんが、ニキビができてしまった時は、肌の状態に注意を払う必要があります。

ニキビ跡に悪化しないためには、従来の生活習慣やスキンケアを見直すことが自分でできる簡単なニキビケアです。