リプロスキンの画像

肌荒れ、特にニキビやニキビ跡に効果が高いと評判のリプロスキンを実際に購入してみました。

まだ使いはじめたばかりなので、ニキビやニキビ跡が治ったということではないのですが、私なりに調べたリプロスキンの効果的な使い方を紹介していきたいと思います。

また、使い始めたばかりですが、リプロスキンを使いはじめてからの肌の状態をレビューします。

まず、リプロスキンがどういった化粧水でなぜ、肌荒れなどのニキビ肌におすすめなのか?

リプロスキンはブースタータイプの化粧水であること。

まずはここがポイントです。

ブースタータイプの化粧水?

簡単に説明すると導入液のことです。

肌荒れしている肌はターンオーバーが正常に行われていないので、角質が硬くなってしまっていて、美容成分が肌の奥まで浸透しないという問題があります。

そこで使われるのが、ブースターです。

このブースターを使うことにより、角質がやわらかくなり、肌の浸透力が増すといわれています。

さらに、リプロスキンはブースターだけでなく、化粧水の成分も入っているので、これまでブースタータイプと化粧水を別々に購入しなければいけなかったのが、一本で解決してしまうというメリットがあります。

そして、ここが最大のポイントですが、ニキビ肌を治すのに効果的だと言われているビタミンCを配合しているということです。

ビタミンCには、肌のターンオーバーを正常に戻すという働きもあり、肌荒れをしてい人に効果的だと言われています。

リプロスキンの正しい使い方

実際に私が試しているリプロスキンを使うときの手順を紹介します。

1.ピーリングを行う
ピーリングは週1程度が良いと言われています。
私は週に一度ビオールダイヤモンドを使ってピーリングをしています。
2.暖かいタオルで顔をしばらくパックします
暖かいタオルでパックすることにより、毛穴が開き、脂質などの汚れた落ちやすくなります。
3.正しい洗顔を行う
ピーリングした後は、特に重要になります。
古い角質が残っているので、しっかり洗顔して古い角質を洗い流してあげましょう。
4.リプロスキンを顔にぬります
リプロスキンを手にとります。7回~10回振って出た量が1回の使用目安です。
そして、顔全体に液をしみこませます。
ポイントが気になる箇所は何度もしみこませるのが私流です。
5.美容液をぬってください
リプロスキンはあくまでも化粧水ですので、美容液ではありません。

使っている感想

先ほどもいいましたが、使いはじめたばかりなので、具体的に肌荒れが治ったなどの症状はみられませんが、実際にリプロスキンを使った感想を紹介します。

導入型の化粧水ということはあり、使い終わった後の肌はもっちりしていて、ハリがなく、やわらかくなっています。

今までの化粧水とは明らかに肌への浸透力、保湿力といった点で異なるので、効果を実感しています。

後は、使い続けて、ターンオーバーが正常に行われるようになるかどうかですね。