せなか

夏が近づくにつれて薄着になる機会が増えたり、ドレスを着た時にどうしても気になってしまうのが背中ニキビですよね。

私も背中ニキビに悩まされました・・・・・

夏といったら水着になる機会も増えますよね?

女性だけでなく、男性も気になるところでは?

そんな背中ニキビの原因っていったいなんなのでしょうか?

気になる背中ニキビができる原因

寝汗
まず、背中ニキビの原因として挙げられるのが、寝汗です。
仰向けで寝ていると布団と背中が密着しているので、汗を必ずかいています。
また、寝汗をかいた布団は細菌も繁殖しやすく、汚れた布団で寝ていることも寝汗とともに背中ニキビができやすい原因になります。
洗濯洗剤と柔軟剤
びっくりするかもしれませんが、しっかり洗っている服や布団のシーツが思わぬおとし穴がある場合があります。
それは、洗濯洗剤や柔軟材が自分の身体と相性が悪い場合です。
肌と一番触れる機会が多い服はとくに背中ニキビができる一番の原因になります。
日焼け
背中だから大丈夫だろうと安心して日焼けしていると背中の角質が硬くなり、肌のターンオーバーがされなくなります。
つまり、ニキビができやすい肌になってしまうのです。
シャンプーと整髪料
しっかり、洗い流したつもりでも髪にシャンプーやトリートメントが付着している場合があります。
その髪を背中に付着させてしまうと、肌荒れの原因になり、ニキビができやすくなります。
普段の食生活
糖分や脂質を多く含む食事が多い人は注意が必要です。
乾燥肌の人
乾燥肌の人は注意してください。しっかり肌ケアをしていなければ、肌のターンオーバーの乱れからニキビができやすくなります。
ストレスからくる男性ホルモンの乱れ
ストレス過多の人は注意が必要です。
ストレスが多くなると男性ホルモンが乱れ、血流も悪くなります。
つまり、ニキビができやすい肌質になってしまうのです。

 
背中ニキビの治し方をさらに詳しく知りたい方は、『背中ニキビの治し方まとめ つるつるの背中になるテクニック』というサイトでわかりやすく説明してくれています。私も参考にしました。