ビオールダイヤモンド

実際にビオールダイヤモンドを購入してみたので紹介します。

ニキビ痕やシワ、そして顔の皮膚が厚くなってきたきがしたので、ピーリングをするために購入してみました。

ピーリングについてはターンオーバーの乱れはピーリングで改善で紹介しています。

話をビオールダイヤモンドに戻すと、ビオールダイヤモンドは、物理的なピーリングであるダイヤモンドピーリングができる美顔器と聞いて購入することにしました。

専用のマイルドジェルと合わせて使います。

マイルドジェル

使い方も簡単です。

専用のマイルドジェルをピーリングしたいところに塗ります。

最初は怖かったので旦那の手で試してみました。笑。

最初にマイルドジェルを500円玉ぐらいの大きさになるように出します。

だいたいこれぐらいです。

マイルドジェルの量

下記図の赤枠の中がダイヤモンドコーティングされているので、そこがピーリングしたい箇所にあててください。

実際に私も使いましたが、痛みはまったくありませんでした。

ビオールダイヤモンドの使い方

同じ箇所に静止しているのではなく、周辺全体に動かしてください。

2分ほどピーリングを行っていたら、下記図の赤丸の中に泡がでているのがわかりますか?

それが角質です。

角質

実際に角質がとれます。

今度追加で、私が実際に試した写真アップします。

使い終わったら、タオルなどで、ジェルをふき取ってください。

水洗いは故障の原因になるみたいなのでダメです。

イオン導入とマイクロカレントの機能もついています

ビオールダイヤモンドですが、ピーリング機能以外にも、イオン導入とマイクロカレントの機能がついています。

ピーリングだけだと、週1程度でしか、役割がありませんが、イオン導入とマイクロカレントの機能がついていることにより、毎日使うことができます。

私がビオールダイヤモンドを購入した理由はまさに、3つの機能がついているからなんです。

イオン導入とマイクロカレントを使う場合は、ヘッドの中心を使います。

イオン導入とマイクロカレント